うつ病は意外な原因でなることがありますが治すことができます

治療を受けるため

つ病は、最も自覚しづらい病であり、自分の感情だけで治るものではありません。逆に言えば、きちんとした治療を受けることによって完治する病です。専門医の診察を受ければ、自ずと治療への道は開けてきます。

詳細を確認する

サインを受けとる

うつ病はいわゆる心の病気とされています。からだのだるさなどがサインとして発せられ、寝付けなかったりと睡眠障害が起きたりします。一般的に治療に用いられるのは抗うつ剤の投与です。

詳細を確認する

不規則からくる

気分が沈んでやる気が中々出ないうつ病の治療方法を知りたい方はコチラ!参考になるので是非お読みください。

不規則な生活や偏った食事がうつ病の原因に

うつ病の主な治療法は、薬物療法、心理療法、心身の休息が中心ですが、近年食生活や生活習慣がその原因の一つと言われています。 うつ病患者には一部の栄養素が不足していることが多いと指摘されています。それは、ビタミンB、葉酸、必須アミノ酸のトリプトファン、メチオニン、チロシン、EPA、DHA、鉄分、亜鉛などのミネラルです。 日本人は特に葉酸、トリプトファン、鉄分の不足が多いようです。 葉酸は緑黄色野菜に多く含まれるビタミンで必要量の多い栄養素です。タンパク質、DNA、カテコールアミンなどの生成に必要とされます。カテコールアミンは、不足すると意欲が低下し、抑うつ症状を招きます。 トリプトファンは、セロトニンの材料となるアミノ酸です。不足すると、うつや不眠の原因になります。 鉄分は不足すると、疲労、焦燥感などうつ病の症状があらわれやすくなります。出産すると大量に出血することで鉄分不足になることが、産後うつ病と関係しているといわれています。 近年、食事療法を治療の一環として積極的に取り入れる病院も出てきています。治療になるほどの食材とはなんなのでしょうか。

治療に有効な食材と食事の仕方

うつ病を予防、改善するためには、1日3食(特に朝食)をバランス良く食べること、夜10時には就寝し、規則正しい生活をすることが重要とされます。 主食、主菜、副菜・汁物をバランスよく摂ります。 主食は精製していない全粒の穀物である、玄米、胚芽米、ライ麦パン、胚芽パンなどが有効です。 主菜は、魚、肉、大豆製品でタンパク質を摂取します。タンパク質はアミノ酸で構成されてお降り、神経伝達物質の原料になります。 副菜は、野菜、キノコ、海藻、イモ類を摂り、ビタミンやミネラルを補給します。 汁物で、野菜、キノコ、イモ類、海藻などをさらに補給します。だしをしっかりととり、塩分の摂り過ぎには注意しましょう。 つまり、規則正しい3食で野菜をしっかり食べ、赤身の肉や鳥の胸肉、レバーを摂り、主食は玄米など精製していないものを摂ります。豆やキノコ、海藻、果実を摂り、乳酸菌や食物繊維で腸内環境を整えましょう。高カロリーなジャンクフードや、糖分の過剰摂取は控えるのが重要です。 治療や予防のため、前述の食品を積極的に摂取することを心がけましょう。

うつ病治療に関するこれまでの変遷を見ておく

 精神内科については、普段は余り利用する事もないですが、うつ病などを発症する人が増えている昨今においては、そこで治療する人の数も多くなっています。  特に、現在では企業内での健康診断等において、うつ病と診断されるケースなども見られる様になっていますが、企業がうつ病対策を実施する様になったのは、まだ割と最近になってからの事でもあります。  うつ病の症状自体は、紀元前から発症していたという記述が残っていますので、その歴史としては長いものですが、治療が確立したのは、近代に入ってからの事でもあります。職場などにおいては、仕事内容によって、あるいは人間関係などによっても、精神的なストレスを抱えている人も多くなっており、うつ病治療を必要とする人の数も増える傾向が見られています。

今後の動向を予測する

 うつ病については、始めの段階では、本人や周囲も症状を発症している事に気づき難い場合もあります。症状が表れた場合には、できるだけ早い段階での適切な治療が望まれますが、放置しておくと、仕事のみならず、生命への危険が生じる場合もあります。職場環境については、全ての企業で、職場の劇的な変化が起こる訳ではありません。ある程度のストレスが生じる可能性は今後も続くと考えられます。その点においても、更にうつ病などを発症するケースは増えていく事が予想されます。  治療を必要とする人が増えていく事が予測されるため、専門的な治療を行う病院の数や、医師の数も比例して増加していく可能性などもあります。仕事場で発見される事も多いため、企業と病院などの専門的な治療が連携していくケースも増えていくと考えられます。

うつ病治療における今後の動向について予測する

 一般に病院を利用するのは、からだの不具合が生じた場合に通院、あるいは手術などを実施している事が多くあります。しかし、最近では精神的な疾患で病院を利用している人も多く見られる様になっており、精神内科医の数が不足しているともいわれています。  特にうつ病については、現実に周囲で発症している人がいる、という状況も多く見られる様になっています。他人事ではなくなってきているほど、多くの人にもあてはまる病気になっています。うつ病を発症する可能性は誰にもあります。治療には、周囲の協力が非常に大きな役割を占める事があります。今後も家族、周囲の人や職場などと連携して治療を実施するケースは増えていくと予想されます。周囲の人の病気への理解を深くもつ事も大切な治療ポイントになっていくと考えられます。

どうすれば効果が

うつは誰でも起こるものです。うつ病に効果的なことと言えばゆっくり休むという事です。特に仕事のストレスやプレッシャーでうつ病に陥ってしまった人の治療法として効果的なのが十分な休養なのです。

詳細を確認する

抜け出せるのか

うつ病の治療は専門家に相談することが得策です。趣味を持つことは大きなサポートとななる場合があり、日々の生活にリラックスする時間を持つことが重要であるとも言えます。

詳細を確認する

費用の傾向など

うつ病については発症する人が増える傾向にあり、国の対策として、復職に関する手引書などが発行される様にもなっています。最近は専門てきな治療も可能になってきています。

詳細を確認する